精力をつけるなら、身近な5つの食べ物でOK!

ln400215_1

「元気」な生活が送れていますか?ここでは精力アップにつながる5つの食べ物をご紹介します。

  1. ショウガ
  2. ニンニク
  3. 納豆
  4. ココア
  5. レバー

手軽に食べられるものを厳選しました!1つずつ取り上げていきましょう。

ショウガで精力アップ!

ln400215_2

ショウガを食べると、血行が良くなり滋養強壮につながります。当然ペニスへの血行も良くなるわけで、男性機能の上昇効果も期待できます。

ちなみにショウガの主成分をジンゲロールといい、その他には

  • 血圧の改善
  • クシャミ、鼻水を止める
  • 肩こりの緩和

などの効果が望めます。ただし大量摂取で、胃を痛める可能性もあります。ほどほどを心がけましょう。目安は1日小さじ一杯分(10g)ほどです。

食べ方は生が一番!

空気に触れれば触れるだけ、ジンゲロールの効果は弱まる傾向にあります。過熱などをしてしまうと、さらに効果が薄まります。冷奴や湯豆腐の薬味として食べるのがオススメです。

ニンニクで精力アップ!

ln400215_3

ニンニクの特徴的な臭いのもとは「アリシン」です。このアリシンには、血液をさらさらにする効果があると言われています。よってショウガと同じく、勃起等を改善する作用が期待できます。

さらにニンニクに含まれる「アリチミン」が「アセチルコリン」の分泌を促します。アセチルコリンは神経伝達物質です。男性ホルモンに大きな関係を持っており、精力がつきやすくなります。

とある研究所で、ニンニクに関した動物実験が行われました。結果としてニンニクの摂取により、精子の量が4割増加したそうです。

食べ方ですが、これもやはり生が一番効果を望めます。しかし、加熱しても30~50%ほどは効果が残るので、臭いが気になるなら火を加える料理でやわらげましょう。弱火でじっくりと調理するのがオススメです。

1日の目安は、加熱していれば2~3片、生ならば1片ほどです。お腹が弱い人はこの量をさらに半分にしましょう。

納豆で精力アップ!

ln400215_4

納豆の主成分の「ナットウキナーゼ」には、血液状態を改善する効果が望めます。血行が改善されれば……繰り返してきたとおりです。近頃は「ポリアミン」という成分も話題になっています。何を隠そう精子にも含まれている成分なのですから!

納豆には薬味などのアレンジが付き物です。その中で特にオススメな2つの食材があります。

ネギと山芋です。

ネギには「アリウム」が含まれており、細かく刻むと発生量が増えます。アリウムには性力増強作用が期待されています。

「ネギは言われなくても入れる!」という方は、山芋も試してみましょう。「ムチン」が含まれています。ムチンはタンパク質の吸収効率を上げる作用があります。タンパク質は精液にも多く含まれていますよ。

余談ですが山芋の「精の付く食べ物」としての歴史は、非常に長いそうです。平家物語にすら、山芋の精力について言及する記述があります。

納豆、ネギ、山芋、3つを混ぜたときの威力は凄そうです。

ココアで精力アップ!

ln400215_5

今回の変化球でしょうか。「コーヒーじゃないの?」と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。重要なのはココアに含まれているカカオなのです。カカオに含まれる主な成分を挙げていきます。

  • タンパク質
  • ビタミン
  • 亜鉛
  • ポリフェノール

タンパク質は、納豆の項目でも挙げたとおり、精子をつくるのに欠かせない成分です。そしてビタミン、ポリフェノールには血液・血流改善効果が期待されています。

そして何といっても亜鉛です。亜鉛は「セックスミネラル」とさえ言われている成分です。それにも関わらず、意識して摂取しなければ亜鉛は不足しがちです。体内だけで新たな亜鉛が作られることは無いからです。

ちなみに重要なのはカカオなので、チョコレート等にも同様の作用が期待できます。

レバーで精力アップ!

ln400215_6

レバーにも精力アップに効果的な成分が多く含まれています。

  • 亜鉛
  • タンパク質
  • ビタミン
  • 鉄分

すでに紹介してきた成分ばかりですが、鉄分については詳しい事を述べていきます。

鉄分は、血液の赤血球を作る働きがあるミネラルです。血液の重要性については、何度も語ってきたとおりです。また、体内に含まれるミネラルの中では、最も多く(3.5g前後)注目すべきでしょう。

鉄分は、動物性の食品からの方が効率よく摂取できる事が分かっています。ですから、ポピュラーな「ほうれん草」などよりも「レバー」なのです。

5つの食材を紹介しました。気になる食材がありましたら、ぜひ食生活に取り入れてみてください!

【参考サイト】
http://karadanote.jp/9484
http://otoko-class.com/archives/3688

サブコンテンツ

このページの先頭へ