レビトラの副作用と【最新版】口コミ・評判の総まとめ!

レビトラは、ドイツのバイエル社から2003年に発売されたED治療薬。先に出回っていたおなじみのバイアグラを、改良して欠点を補ったようなもの。期待も大きかったのでしょうか、翌2004年には日本国内でも認可されました。

主成分は「バルデナフィル」で、バイアグラよりも即効性があり、効き目は強力。5時間から10時間は持続します。ただし副作用や、禁忌薬も複数あり。服用する前に、気をつけることとは何でしょうか?

ED治療薬で一番人気があるのはこちら↓↓↓

⇒ 画像をクリックして体験レビューの多さに震えろ!

レビトラの副作用まとめ

臨床試験の結果では?

副作用について調査した臨床試験の結果では、国内で28.15%の割合で症状が出ました。外国の結果も31.16%と同じくらい。具体的には、国内外ともに、ほてりと頭痛が全体の20%以上を占めています。

他には、鼻づまり、めまい、目の充血、消化不良や胃の痛み、心悸亢進(動悸)などがあります。

これらの症状は、頻出したとしても、副作用の程度としては軽いもの。薬の力で血流を促すわけですから、むしろ「薬が効いている証」くらいにとらえても問題ないでしょう。

ただし、レビトラの効力が切れても、副作用の症状だけ治まらないようでしたら、おかしいと思ってください。放置せずに即、医師に相談しましょう。

こんな方は要注意です!

l391017_2

下記の症状をお持ちの方は、重い副作用が現れる可能性があります。レビトラの扱いには、慎重になる必要があります。

  • 不整脈
  • 心臓病
  • 狭心症
  • 脳梗塞
  • 心筋梗塞
  • 肝機能障害
  • 網膜色素変性症

また、服用しても問題のない人であっても、24時間以内に続けて服用するのはやめましょう。

もともと循環器系の持病がある方、定期的に血液透析を受けている方、直近で重篤な既往歴のある方。そのような方々にとっては、レビトラを服用するかどうかという以前に、性行為そのものが危険を伴うもの。

その上、レビトラを服用するとなると、リスクはさらに高くなり、深刻な副作用を引き起こすことになります。

併用禁忌薬は、けっこうあります!

他のED治療薬にも共通していますが、硝酸剤(ニトログリセリン等)は、血圧を下げ過ぎるおそれがあり、併せての服用はできません。

HIV治療薬などの抗ウィルス薬や、内服による抗真菌薬(カビの感染、水虫薬など)は、併用するとレビトラの血中濃度を上げてしまい、危険です。また、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の薬や不整脈の薬も、身体への影響が大きい為、レビトラと同時に服用してはいけません。

薬ではないのですが、実はレビトラの服用時にグレープフルーツを食べてもいけません。食べ合わせが悪く、薬の血中濃度が上がる為です。よく、血圧を下げる薬の注意書きにも、同様の勧告がしてありますね。

たかが柑橘系の果物と軽く思いがちですが、天然の成分でも薬効成分と結びつくことで思わぬ反応を示すのです。気をつけましょう。

レビトラはこういう人に最適!

l391017_4

レビトラが発売される以前からバイアグラを服用していた方。イマイチ効いていないなぁ…と不満に思っていた方には使える薬です。薬効として、バイアグラの50mgとレビトラの10mgが同じ程度のレベル。

レビトラには、さらに上をいく20mgの錠剤があります。これが、最も効果が期待できるED治療薬といえるでしょう。ただ効き目が強力だからと、薬にばかり頼りすぎるのも問題があります。

レビトラは、バイアグラと違って食事の影響を受けないのがメリット。

そうは言っても満腹になるまでドカ食いしたのでは、効果は半減。「ハラが減っては、戦はできぬ」という気持ちはわかります。しかし、充分な効果を得るために、少しは我慢して食欲をセーブしましょう。

加齢とともにEDの問題が出てくるのは、仕方のないことです。しかし、最近は若い人でも悩みの種となっているのが現状。それはなぜなのでしょう?

仕事のストレスや、精神的にも肉体的にも不健康な生活を強いられていることが考えられます。それからアルコールの摂り過ぎも、EDの原因と密接に関係があるようです。

生活習慣を見直して、自分のカラダにムリをさせないよう、配慮してあげることも大切ですね。

レビトラの【最新版】口コミ・評判まとめ

バイアグラはED治療薬の代名詞というほど有名ですが、レビトラが開発されてから失速気味。実力はレビトラの方が上!「食事の影響が少ない」「即効性がある」「持続力がある」などなど。

ここでは、実際にレビトラを購入した人の口コミ・評判をみていきましょう!

レビトラが購入できるサイトの口コミ・評判を集めてみました。実際に購入した人しか購入できない、いわば楽天・Amazon形式です。だから、生の体験談が確認できます。貴重!ぜひ参考にしてください(^^)

サブコンテンツ

このページの先頭へ